本文へ移動

ブログ

院長の独り言

RSS(別ウィンドウで開きます) 

『 自宅で行える簡単なストレッチ 』

2018-12-22
①お尻の筋肉のストレッチ   片膝を抱え、胸に近づける。
②背中の筋肉のストレッチ   両膝を抱え、胸に近づけます。
③腰~背中の筋肉のストレッチ     正座の状態から両手を伸ばします。
※お尻が浮いてこないよう注意します。
 
※運動を行なう際の注意点
◎ゆっくりとした動作で行いましょう。
◎反動をつけないように行いましょう。
◎呼吸を止めずに行いましょう。
◎急で激しい痛みが出る場合は中止しましょう。
 
<腰痛について>
腰痛の予防や症状を悪化させないためのポイントを知りましょう。
また、自分でできるストレッチや体操をご紹介します。
腰痛を起こさない・症状を悪化させないためのポイント
①適度な運動を心掛ける
 筋肉や関節の柔軟性を保ち、腰を支える筋肉を鍛えましょう。
②腰に負担を掛けないよう過ごす
 日常生活の中で腰に負担をかけないように注意していきましょう。
③食生活を見直す
 骨を丈夫にするよう食生活に気を付けましょう。
 
林クリニック短時間リハビリテーション

塵も積もれば山となる

2018-12-14
【読み】 ちりもつもればやまとなる
【意味】 塵も積もれば山となるとは、
         小事をおろそかにしてはならないという戒め。
         ※故事ことわざ辞典より

、寿司が食べたくなりました。
一皿100円より! ちょっくら行ってくるわ感覚で回転寿司によりました。
マグロ!ブリ!納豆巻き!イカ!今月のおすすめ!・・・
お会計で「キャーーーっ!!」

「塵も積もれば山となる」とは、本来はポジティブなことわざで、
塵のように取るに足らない存在であっても、
それが時間をかけて積もっていけば山のようになるように、
些細な行動も、時間をかけて継続すると、
やがて、思わぬ大きな結果につながるものであるということ。
一般には、些細であってもよいから善行や努力などを、
地道に積むことのすすめ。だそうです。
毎日コツコツの積み重ねが3年、5年後の自分の成長の礎になる事を、
スタッフたちと考えていきたいと思います。

施設長

100歳

2018-12-08
きらびやかなイルミネーションが街を彩る季節になりました。
皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか。
利用者様と職員は変わらず元気に過ごしています。

先日、12月3日に1Fフロアの利用者様が100歳になられました。
おめでとうございます♪
100歳の御祝膳メニューは赤飯、すまし汁、手羽先風から揚げ、
炊き合わせ、春菊の磯和え、紅白ゼリーでした。
100歳を迎えられた利用者様は昔から手羽先がお好きなようで、
喜んで食べておられ笑顔が見られました。
いつもはお手伝いをお願いすると一生懸命に
タオルや洗濯物等をたたんで下さいます。
笑顔が素敵な方で1Fフロアの人気者です。
これからも元気で長生きして下さいね♪
12月13日は美濃加茂市長さんが100歳のお祝いに来られる予定になっています。

もうすぐ今年も終わりですね。皆さんも良い年末年始をお迎え下さい。

ハニーヒルズ

【めだか日記  その31】

2018-11-30
・みんなの力が結集
・小花の折紙作品と紅葉貼り絵
・松茸?!

今年は穏やかな実りの秋を感じられた日が少ないうちに
“冬”になっちゃったみたい。
ボク達はずっと玄関ホールにいたよ。
朝夕は冷え込んできたから春まではこのまま…かな。

インフルエンザの流行も心配になってきたけど
ご利用者様は予防接種されお元気だよ。
ここからは紅葉狩りには行けなかったけれど
1階ホールには大きなアレンジ紅葉が出現!!
今回もたくさんのご利用者様の手がかかった作品だよ。
男性ご利用者様は主に大きな幹の貼り絵やチラシで細い枝作り、
女性ご利用者様は紅葉を切ったり幹に貼ったり、細い枝に付けたり…
根本には松茸が生えてきた!な~んて職員がティッシュで作ったの。
1階に来られて「昔はよう採りに行ったもんだよ」とか
「お吸い物には量が少ないから炊き込みご飯かな」なんて
色々なお話が伺えてみんな笑顔…

それとは別に紅葉の貼り絵も完成!
あるご利用者様は小花を数百作って籠に盛って下さったの。
先日可児市の企業紹介フェアがあってそこでそのご利用者様の作品を
紹介したら見学に来た高校2年生が驚いてたって…
それをご利用者様にお伝えしたらとても笑顔になられたよ。
そんなこんなで1階のホールは秋全開!って感じだよ。

美空の郷

『避難訓練実施』

2018-11-23
10月31日木曜日の午後、避難訓練の説明放送後
「みなさん避難して下さい・・・厨房から出火しました」と
館内放送が流れました。
タオルを口に押えて頭を保護し、
厨房とは反対側の廊下へと利用者様を誘導して無事に避難しました。
利用者様も職員も誰も慌てることなく落ち着いて行動が出来ました。
しかし、今回は訓練です。

地震や火事などの災害は突然やってきます。
もし災害が起きた時に訓練と同じように
あわてず落ち着いて行動しなければいけません。
避難訓練を通して利用者様をどのように守っていくことができるのか、
職員は考えなければいけない大切な行事のひとつです。

ハニーヒルズ
TOPへ戻る