本文へ移動

ブログ

院長の独り言

汗をかいても食べなくても太る『夏太り』

2017-08-19
暑~い季節になり、ちょっと動いただけで汗が出てくるし、暑さのせいで食欲も落ちて小食に…。
「夏痩せ」という言葉もあり、ただ生活しているだけで痩せると思いますが、
実は夏の方が太りやすいってご存知ですか?
 
夏太りの原因
●むくみ
夏の暑さや気圧が低くなることで、血管が拡張し、
血流の勢いが鈍くなり血管から水分がしみ出やすなり、
水分が溜まりやすくなります。
●基礎代謝の低下
夏場は一日を通して温度差が少ないため、代謝をあげなくても体温調節ができる時期です。
そこに、活動量の減少や、発汗によるビタミンB不足、
さらに熱帯夜による睡眠不足とエアコン使用が自律神経の乱れを誘発します。
その結果、脂肪を燃焼する基礎代謝がガクンと落ちてしまいます。
 

~太らないための入浴~
暑い日はシャワーで済ますことが多いですが、半身浴でも良いので湯舟に浸かるようにすると、
体の冷えや自律神経の乱れもおさまり健康に!体が内臓まで温まることで健全な発汗が促され、
基礎代謝もアップします。
お湯の温度は37~39度で15分程度浸かりましょう。
 
~太らないための食事~
ポイントは、食べ物・飲み物で基礎代謝の上げることです。
基礎代謝を上げる代表的な食べ物・飲み物を紹介します。
アーモンド:ビタミンB2が豊富で脂肪分解を促します。
生姜:辛み成分ジンゲロンは基礎代謝アップ・脂肪燃焼効果があります。
豆腐:大豆たんぱくは血行促進効果があります。
コーヒー:カフェインは基礎代謝を上げます。
しかし、たっぷり砂糖を入れると、砂糖が体を冷やしてしまい、カフェインの効果がなくなります。
ココア:カカオポリフェノールが血行促進効果があります。
また食物繊維が豊富で、腸の調子を整え、基礎代謝を上げます。
 
~気を付けたいポイント~
●夏野菜は体を冷やす作用があるため、摂りすぎには注意です。
⇒体が冷えると臓器の働きが鈍くなり、基礎代謝が下がります。
夏野菜:トマト、きゅうり、なす、とうもろこし、ゴーヤ、オクラ
●筋肉は基礎代謝を上げます。筋肉量を維持するため、たんぱく毎食食べましょう。
⇒鶏肉、マグロ、カツオ、さば、豆腐、納豆、卵
 
林クリニック
TOPへ戻る